契約書を作成する際のチェックポイント

query_builder 2024/04/30
コラム
15

契約書はトラブルを防ぐために作成するものですが、内容に不備があるとトラブルになりかねません。
そのため、契約書を作成する際は内容をしっかり確認する必要があります。
そこで今回は、契約書を作成する際のチェックポイントをご紹介します。
▼契約書を作成する際のチェックポイント
■専門用語を使いすぎない
契約書に業界の専門用語が多く使われていると、当事者間で内容の理解に相違が生じる場合があります。
契約書では専門用語を使いすぎず、誰でも理解できる言葉で記載するようにしましょう。
■条件をフェアにする
契約書は作成側が有利な条件で記載されていることが多いです。
そのため、作成する側は相手のことを考えて契約書を作成し、作成してもらう側は自社に不利な条件ばかりが記載されていないか確認しましょう。
■トラブルの対処方法を記載する
きちんとした契約書を作成していても、トラブルに発展するケースもあります。
あらかじめトラブルの対処方法について契約書に記載しておくことで、万が一トラブルになった場合でも正しく対処することができます。
■関連する契約書の内容と矛盾がない
関連する契約書がある場合は、作成する契約書と矛盾点がないか確認することが大切です。
万が一矛盾が生じたまま契約書を作成すると、業務への支障やトラブルの原因になる可能性があります。
また、場合によっては法令違反に該当することもあるため注意が必要です。
▼まとめ
契約書を作成する際は以下のポイントをチェックしましょう。
・専門用語を使いすぎない
・条件をフェアにする
・トラブルの対処方法を記載する
・関連する契約書の内容と矛盾がない
当社は東京の施工コンサルタントとして、建設関係のご相談に対応いたします。
契約書の確認からトラブル解決まで手厚く支援しますので、お困りの際は気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 契約不適合責任とは?

    query_builder 2024/06/28
  • 契約書は有効期限を定めるべき?

    query_builder 2024/05/31
  • 契約書を作成する際のチェックポイント

    query_builder 2024/04/30
  • 建築工事における契約解除の流れ

    query_builder 2024/03/29
  • 建設業者の契約解除はどんな時に適用される?

    query_builder 2024/02/29

CATEGORY

ARCHIVE